fc2ブログ
ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
202404<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202406
DNL343の発見
▽elf2B(Eukaryotic translation initiation factor 2B)は統合ストレス反応において重要な役割を果たしています。統合ストレス反応は、細胞への侵襲刺激の際に、タンパク質合成を制御し、ストレス顆粒の形成をもたらします。

▽ALSにおいては統合ストレス反応に介入し、細胞の恒常性維持機構を改善し、神経変性を防ぐことが、治療戦略の1つと考えられています。

▽今回、研究者らは中枢神経に到達しうる選択的なelf2B活性化剤の発見の経緯を報告しました。

▽DNL343は半減期が長く、生物学的利用能に優れています。現在臨床試験が実施中です

(この報告は、アメリカ、Denali therapeutics社のCraigらにより報告され、2024年3月21日付のJ Med Chem誌に報告されました)
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.