fc2ブログ
ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
202304<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202306
ALS臨床試験のまとめ
常にこの記事がトップにくるように設定しています。

・世界中で行われているALSに関する臨床試験について最新の情報となるようにしたいと思います(2022年11月30日現在)

(更新情報)
2022年11月30日 RNS60の第2相試験終了
           血漿交換療法の第2相試験終了
           自家造血幹細胞移植第1/2相試験終了
           超高用量メチルコバラミン第3相試験終了
           ILBの第2相試験終了
           Triumeqの第3相試験追加
           ABBV-CLS-7262の第3相試験追加
           Tideglusibの第2相試験追加
           LAM-002Aの第2相試験追加
           baricitinibの第2相試験追加
           SAR443820の第2相試験追加
           芍薬甘草湯の第2相試験追加       
           PTC857の第2相試験追加
           AL001の第2相試験追加
           イストラデフィリンの第2相試験追加
           PrimeCの第2相試験追加
           IFB-088の第2相試験追加
2021年10月31日 tofersenの第3相試験終了
2021年7月31日  remdesemtivの第3相試験を追加
            CK-2127107の第2相試験を削除(remdesemtivとして第3相試験開始のため)
2021年4月30日 自家骨髄単核球細胞移植の第2相試験追加
           BIIB067(tofersen)の第3相試験追加
2021年3月31日 β-ヒドロキシ酪酸の第2相試験追加
2021年2月28日 ION363の第3相試験追加
           RT001の第2相試験追加
           NeuroNata-Rの第3相試験追加
2020年12月31日 ポリフェノール+デュタステリドの第2相試験追加
            Engensisの第2相試験追加
           ペランパネルの第2相試験終了
2020年11月30日 NurOwnの第3相試験終了
2020年10月31日 APL-2の第2相試験を追加
           ANX005の第2相試験を追加
2020年8月31日 PU-ADの第2相試験を追加
           セラクルミンの第2相試験を追加
           レボシメンダンの第3相試験が中止
2020年4月30日 AT-1501の第2相試験を追加
2020年3月31日 HEALEY Platformの第2相試験を追加
2020年1月31日  ultomirisの第3相試験を追加
            clenbuterolの第2相試験を追加
            MICABO-ALSの第2相試験を追加
            メトフォルミンの第2相試験を追加
2019年12月31日 経口エダラボン製剤の第3相試験を追加
            Ciprofloxacin/Celecoxibの第2相試験を追加
            BLZ945の第2相試験を追加
            トコトリエノール含有ビタミンE製剤の第2相試験を追加 
2019年8月31日  制御性T細胞の第2相試験を追加
2019年7月31日  第2相試験実施中のH.P. Acthar Gelが有害事象(肺炎)により中止
2019年5月31日  tofersen(IONIS-SOD1Rx)を第3相に追加
 

(詳細情報は”続きを読む”から御覧ください)

現在予定されているないし進行中の第3相試験(および第2/3相試験)

AMX0035

ABBV-CLS-7262

Triumeq

remdesemtiv

BIIB067(tofersen:終了した第3相試験とは対象が異なるもの)

ION363

NeuroNata-R

Ultomiris

経口エダラボン製剤

タウロウルソデオキシコール酸(商品名:ウルソ)

カンナビノイド:痙性に対する有効性の検証です

CuATSM

ibudilast(商品名:ケタス)

Masitinib

Arimoclomol

deferiprone(鉄キレート剤)

Healey platform

現在予定されている、ないし進行中、ないし終了後間もない第2相ないし第1/2相試験

IFB-088

PrimeC

イストラデフィリン

AL001

PTC857

芍薬甘草湯

SAR443820

baricitinib

LAM-002A

Tideglusib

自家骨髄単核球細胞移植

β-ヒドロキシ酪酸

RT001

ポリフェノール+デュタステリド

Engensis

APL-2

ANX005

PU-AD

セラクルミン

AT-1501

Clenbuterol

MICABO-ALS

メトフォルミン

トコトリエノール含有ビタミンE製剤

Ciprofloxacin/Celecoxib

BLZ945

CNM-Au8 :エネルギー代謝改善

遺伝子組み換えヒトエリスロポイエチン

Fasudil

ezogabine

コルヒチン

イノシン

rasagiline

IPL344

低用量IL-2

L-serine

NSI-566

IC14

Triheptanoin

ヒト胎児由来アストロサイト移植(AstroRx)

ranolazine

高用量ビオチン

リチウム+バルプロ酸

NP001

ラパマイシン

ピモジド

guanabenz

ペニシリンG+コルチゾール

VM202

自家脂肪組織由来間葉系幹細胞移植

メキシレチン

FLX-787

Q cell

自家間葉系幹細胞移植

HGF

ルナシン レジメン

tocilizumab

ロピニロール

IPL344

EPI-589

GM604

制御性T細胞

*********************************

<当サイトに掲載されている情報について>
2014年10月20日以降の記事は管理人HIDEが個人的に海外のサイトから集めた情報を翻訳したものです。
内容が難しいところもあるかと思いますが、なるべく間違ったことを書かないために、ほぼ専門用語のままにしていますことをご了承ください。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメント
ありがとうございます!
HIDEさん、いつもありがとうございます!
2019/03/02(土) 18:39:21 | URL | 麦酒王 #- [ 編集 ]
ALSの家族を3年半の闘病、介護の末に先日亡くしました
気管切開はせず非侵襲的陽圧換気療法(バイパップ)のみ、薬もALSに関してはリルゾールだけの服用で、自宅での看取りでした
亡くなる前の数ヶ月は1~2時間毎に痰吸引、一日中呼吸苦の訴え、摘便もして頂いておりましたが横向きになると呼吸がより苦しくなり、SATも70台~50台まで下がったこともありました
モルヒネも頂いておりましたがこちらは最期まで使用はしませんでした
ALSの特効薬も30年後、50年後には見つかっているかも知れないが、現時点では数年でどうにかなるものではないとハッキリ言われていました
大変だという覚悟はしていたつもりですが、本当に身を持ってALSという病気の残酷さ、そして介護の過酷さを知りました
看護師や医者からは介護による疲労で御家族が共倒れにならないようにくれぐれも気をつけてくれと言われていました
どうか皆さんもお身体を大切に、いつか特効薬が出来ることを祈っています
2019/03/05(火) 15:02:10 | URL | チャーミー #HfMzn2gY [ 編集 ]
間葉系幹細胞治療
この記事のコメントで配信するのが適切かわかりません。本日のYahooニュースの特集で自己間葉系幹細胞による脊髄損傷患者の治療が日本で保険適応になった記事が掲載されていました。記事の最後の方ですが、この治療方法が今後ALSの治療にも応用される可能性があると記載されています。
https://news.yahoo.co.jp/feature/1267
遺伝子治療とともに再生医療も期待したいです。
2019/03/18(月) 19:11:51 | URL | はまじ #sZa3PW5c [ 編集 ]
難病ALS、白血病薬での治験開始へ 京大など
2019/03/28(木) 18:01:24 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
Re: ありがとうございます!
こちらこそいつもありがとうございます
2019/03/31(日) 21:51:28 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>チャーミーさん
コメントありがとうございます。
ご家族様をALSで亡くされたとのこと、お悔やみ申し上げます。
また在宅での介護にご尽力をされたとのこと、大変なご苦労かと拝察いたします。
このサイトで少しでも良いニュースをお届けできる日が来るといいと思います。
2019/03/31(日) 22:14:55 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
Re: 間葉系幹細胞治療
>はまじさん
コメントありがとうございます。
自家間葉系幹細胞移植は、ALSではBrainStorm社のNurOwn細胞がそれにあたります。
脊損の治療は静注であるのに対して、NurOwn細胞はクモ膜下腔内投与であるなど、投与経路の違いはあります。
第3相試験の結果が期待されます

2019/03/31(日) 22:16:54 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
Re: 難病ALS、白血病薬での治験開始へ 京大など
>かなくん さん
情報ありがとうございます。
新規臨床試験情報にて記事にさせていただきました。
良い結果につながるといいと思います
2019/03/31(日) 22:17:48 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
脊髄損傷の治療に用いる再生医療等製品「自己骨髄間葉系 幹細胞(STR01)」条件及び期限付承認取得のお知らせ
2019/05/06(月) 14:55:12 | URL | かなくん #- [ 編集 ]
Re: 脊髄損傷の治療に用いる再生医療等製品「自己骨髄間葉系 幹細胞(STR01)」条件及び期限付承認取得のお知らせ
>かなくん さん

情報提供ありがとうございます。
NurOwnと絡めて記事にさせていただきます

2019/05/31(金) 12:48:06 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
人口神経システムを使った麻痺の改善
東京都医学総合研究所が脳梗塞患者の麻痺を人口神経システムで改善させる研究を進めています。
http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2019/10/17/01.html
脳の運動野ではなく感覚野を刺激することで運動機能を回復させるという画期的なものです。ALSと脳梗塞は病態が根本的に異なりますが、患者側とすれば麻痺した指一本でも動けば大きな改善です。本研究は現時点でALSの治療を考えていないようですが、こうした神経学の進歩が将来的にALSの治療につながることを期待しています。
2019/11/01(金) 20:20:36 | URL | はまじ #sZa3PW5c [ 編集 ]
Re: 人口神経システムを使った麻痺の改善
>はまじさん

情報ありがとうございます。
確かにこのような技術の応用が各種神経疾患に拡大するといいですね。
記事にさせていただきます
2019/11/30(土) 23:13:30 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
アミロイド線維分解
ご無沙汰しております。私も諦めずにいます。
最新情報で鳥取大学八木准教授がアミロイド線維を分解する研究が進んでいます。進捗は概ね良好のようです。どこかの企業がサプリメントとして共同研究出来ないかな?

https://www.jaea.go.jp/02/press2016/p16042101/02.html
2020/09/22(火) 09:26:40 | URL | AlexKaz #- [ 編集 ]
Re: アミロイド線維分解
>AlexKazさん
お久しぶりです!情報ありがとうございます。
記事にさせていただきます
2020/09/30(水) 23:08:57 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
治験!
レアズで治験の募集がありました。
2021/09/15(水) 13:30:18 | URL | AlexKaz #- [ 編集 ]
治験募集
2021/09/15(水) 13:32:04 | URL | AlexKaz #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2021/09/21(火) 08:49:06 | | # [ 編集 ]
Re: 治験募集
>AlexKazさん

情報ありがとうございます!
記事にさせていただきます
2021/09/30(木) 20:45:21 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
Re: 肝臓でアミロイドβの生成?
>AlexKazさん

興味深い情報ありがとうございます。
思わぬところから思わぬ手掛かりが見つかることもあるようですね。
ALSの治療の手掛かりも思いがけないところにヒントがあるかもしれませんね
2021/09/30(木) 20:57:41 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
新しい治療薬の早期承認に向けた動きとALS協会加入ご検討のお願い
新しい治療薬の早期承認に向けた動きのご紹介と、ALS協会の会員になっていらっしゃらない方に加入のご検討のお願いです。

協会では現在ALS治療薬候補のロピニロールの条件付早期承認を厚生労働省に求めています。この薬は慶応大学の岡野先生たちが世界で初めて、ALS患者のiPS細胞を使って他疾患の既存薬をテストのうえ見つけたものです。小規模の治験で、1年間の試験期間から、病気の進行を約7か月遅らせる可能性があることがわかったそうです。ロピニロールはすでにパーキンソン病の治療薬として使われていて、ALS患者に対する安全性も確認されたとのことです。協会ではこの研究をアイスバケツチャレンジで集まった寄付で支援してきました。

条件付早期承認制度は、普通の治験で求められている大人数を対象とした有効性と安全性の検証を承認後に再確認することを条件に、少人数を対象とした治験結果に基づき先に承認・保険適用するものです。ロピニロールはラジカットとも併用できるようなので、私たち患者の治療選択肢は広がることになります。この承認を逃して大人数の治験を待っていると、おそらく数年はロピニロールを使えないことになると思います。条件付早期承認はまだALSに適用された実績がなく、ここで前例を作ることができれば、今後有望な治療薬が出てきたときに早期承認に役立つ可能性もあります。岡野先生は早期承認に向けて動いてくださっていて、ALS協会としても密接に連携を図っているところです。

この条件付早期承認を実現させるために、協会としては最大限働きかけを行っていく予定です。そのためにも、患者と家族、支援者が一丸となって要望していることを示すことが大切です。現在のところ、協会会員は3,522人で、患者入会率は16.6%にとどまっています。少しでも多くの方の声を代弁できるように、ALS協会の会員になっていらっしゃらない方は加入をご検討いただければ幸いです。一体となっての要望にどうぞお力をお貸しください。
2021/12/14(火) 14:35:34 | URL | まっしゃー #- [ 編集 ]
Re: 新しい治療薬の早期承認に向けた動きとALS協会加入ご検討のお願い
>まっしゃーさん

コメントありがとうございます。
記事としてコメントをそのまま掲載させていただきます(向こう5カ月間程度臨床試験の次に位置するように掲載いたします)
2021/12/31(金) 20:34:20 | URL | HIDE #- [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2023 Powered By FC2ブログ allrights reserved.