fc2ブログ
ALS(筋萎縮性側索硬化症)に負けないで
全世界から最新の治療情報を見つけ出し、ここで紹介します。完治するまで戦い続けましょう!
202403<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>202405
ALS臨床試験のまとめ
常にこの記事がトップにくるように設定しています。

・世界中で行われているALSに関する臨床試験について最新の情報となるようにしたいと思います(2022年11月30日現在)

(更新情報)
2022年11月30日 RNS60の第2相試験終了
           血漿交換療法の第2相試験終了
           自家造血幹細胞移植第1/2相試験終了
           超高用量メチルコバラミン第3相試験終了
           ILBの第2相試験終了
           Triumeqの第3相試験追加
           ABBV-CLS-7262の第3相試験追加
           Tideglusibの第2相試験追加
           LAM-002Aの第2相試験追加
           baricitinibの第2相試験追加
           SAR443820の第2相試験追加
           芍薬甘草湯の第2相試験追加       
           PTC857の第2相試験追加
           AL001の第2相試験追加
           イストラデフィリンの第2相試験追加
           PrimeCの第2相試験追加
           IFB-088の第2相試験追加
2021年10月31日 tofersenの第3相試験終了
2021年7月31日  remdesemtivの第3相試験を追加
            CK-2127107の第2相試験を削除(remdesemtivとして第3相試験開始のため)
2021年4月30日 自家骨髄単核球細胞移植の第2相試験追加
           BIIB067(tofersen)の第3相試験追加
2021年3月31日 β-ヒドロキシ酪酸の第2相試験追加
2021年2月28日 ION363の第3相試験追加
           RT001の第2相試験追加
           NeuroNata-Rの第3相試験追加
2020年12月31日 ポリフェノール+デュタステリドの第2相試験追加
            Engensisの第2相試験追加
           ペランパネルの第2相試験終了
2020年11月30日 NurOwnの第3相試験終了
2020年10月31日 APL-2の第2相試験を追加
           ANX005の第2相試験を追加
2020年8月31日 PU-ADの第2相試験を追加
           セラクルミンの第2相試験を追加
           レボシメンダンの第3相試験が中止
2020年4月30日 AT-1501の第2相試験を追加
2020年3月31日 HEALEY Platformの第2相試験を追加
2020年1月31日  ultomirisの第3相試験を追加
            clenbuterolの第2相試験を追加
            MICABO-ALSの第2相試験を追加
            メトフォルミンの第2相試験を追加
2019年12月31日 経口エダラボン製剤の第3相試験を追加
            Ciprofloxacin/Celecoxibの第2相試験を追加
            BLZ945の第2相試験を追加
            トコトリエノール含有ビタミンE製剤の第2相試験を追加 
2019年8月31日  制御性T細胞の第2相試験を追加
2019年7月31日  第2相試験実施中のH.P. Acthar Gelが有害事象(肺炎)により中止
2019年5月31日  tofersen(IONIS-SOD1Rx)を第3相に追加
 

(詳細情報は”続きを読む”から御覧ください)

>>続きを読む
スポンサーサイト



トリメタジンはALS細胞モデルにおけるミトコンドリア機能を改善する
▽トリメタジンは様々な経路を介して作用する代謝調節剤です。筋肉や心機能を改善することが報告されていますが、その機序はよくわかっていません。

▽今回、研究者らはSOD1変異ALS運動細胞モデルを用いて、その機序を調べました。

▽その結果、トリメタジンは自食機能を促進し、ミトコンドリアの形態を保持する作用を有することがわかりました

▽ALS患者由来の単球細胞においても、トリメタジンはミトコンドリア機能を改善することがわかりました。

▽以上の結果は、トリメタジン誘導体が治療戦略として有望な可能性を示唆するものです

(この研究はイタリア、University of Roma "La Sapienza"のSalvatoriらにより報告され、2024年3月13日付のInt J Mol Sci誌に掲載されました)
DNL343の発見
▽elf2B(Eukaryotic translation initiation factor 2B)は統合ストレス反応において重要な役割を果たしています。統合ストレス反応は、細胞への侵襲刺激の際に、タンパク質合成を制御し、ストレス顆粒の形成をもたらします。

▽ALSにおいては統合ストレス反応に介入し、細胞の恒常性維持機構を改善し、神経変性を防ぐことが、治療戦略の1つと考えられています。

▽今回、研究者らは中枢神経に到達しうる選択的なelf2B活性化剤の発見の経緯を報告しました。

▽DNL343は半減期が長く、生物学的利用能に優れています。現在臨床試験が実施中です

(この報告は、アメリカ、Denali therapeutics社のCraigらにより報告され、2024年3月21日付のJ Med Chem誌に報告されました)
NAD+前駆体はALS細胞モデルの生存を補助する
▽NAD+の利用能を改善することはALSの治療戦略と考えられています。NAD+を補充することはALS動物モデルや患者において治療的であると考えられていますが、その機序は不明です

▽今回、研究者らは、NAD+前駆体であるニコチンアミドモノヌクレオチド(NMN)の効果を患者iPS細胞由来運動神経細胞やモデル動物由来細胞などで評価しました。

▽その結果、NMN投与は細胞構造の複雑さを保持し、運動神経細胞死を防ぎ、一部モデルにおけるグルタチオン濃度を増加させ、TDP-43の細胞質への異常局在化を正常化しました。

▽以上の結果は、NMNが運動神経細胞の成長と細胞構造の複雑性の保持をもたらし、孤発性ないし家族性ALSに対して治療的に有望な可能性を示唆するものです。

(この研究はアメリカ、University of Wisconsin-MadisonのHamiltonらにより報告され、2024年3月19日付のAntioxid Redox Signal.誌に掲載されました)
ニクロサミドの神経保護作用
▽ニクロサミドは駆虫剤であり、抗炎症作用や抗線維化作用を有しており、様々な疾患に対する有効性が検討されています

▽ニクロサミドはALSにおいて障害がみられる経路におけるSTAT3やmTORなどの分子を阻害する作用を有しています。

▽今回研究者らは2種類のALSモデルマウス(SOD1変異およびFUS変異)においてニクロサミドを投与し、その効果を評価しました

▽その結果、発症遅延効果、疾患進行遅延効果、生存期間の延長効果を認めました。この効果はグリオーシスの減少、運動神経細胞喪失の減少、筋萎縮の減少効果などを伴っていました。ニクロサミドが複数の経路に作用することを示唆するものです

▽以上の結果はニクロサミドがALS治療薬候補として有望な可能性を示唆するものです

(この研究はイタリア、University of Rome Tor Vergata,のMilaniらにより報告され、2024年3月15日付のNeurotheraoeutics誌に掲載されました)
テトラメチルピラジンニトロンの抗老化作用と運動機能改善効果
▽テトラメチルピラジン誘導体であるテトラメチルピラジンニトロン(TBN)は様々な作用機序を介してALSを含む神経変性疾患への有効性が期待されています

▽今回、研究者らは、筋肉の老化と運動機能の低下に対するTBNの効果を調べました。

▽老化モデルマウスに対してTBNを投与し、その効果を評価しました。

▽その結果、TBNはテロメア長や老化関連マーカーを改善し、筋組織の比重を増加させました。また運動機能、筋線維化、炎症反応を改善し、ミトコンドリア機能を保持しました。

▽これらの機序についてはAMPK依存性経路によりもたらされることが示唆されました。

▽以上の結果は、TBNが抗老化作用や神経変性疾患に対して治療的に有望な可能性を示唆するものです

(この研究は中国、Jinan University College of PharmacyのNieらによりう報告され、2024年4月号のBiomed Pharmacother.誌に掲載されました)
ALSにおける過剰興奮性はノルアドレナリン欠乏と関連する
▽ALSにおける皮質の過剰興奮性は発症に先行し、生存期間と負の相関関係を有することが報告されており、動物モデルでは神経細胞変性の誘因になりうるものです。

▽今回研究者らはSOD1変異モデルマウスおよび孤発性ALS患者の運動神経細胞における電気生理学的な検討により病態を評価しました

▽その結果、脳波のシータ波とガンマ波の位相振幅同期活動(PAC)がモデルマウスにおいて発症前から欠損しており、患者では疾患進行速度と関連していることがわかりました。

▽質量分析により発症前のALSモデルの運動野においてノルアドレナリンが減少しており、in vivo two-photonイメージングにより、運動に関連したノルアドレナリンの放出が顕著に減少していることがわかりました。ノルアドレナリン合成前駆体の投与はモデルマウスのPACを増加させました。

▽以上の結果は、ALSにおける治療標的としてノルアドレナリン系の重要性を示唆するものです

(この研究はフランス、Université de Strasbourg,のScekic-Zahirovicらにより報告され、2024年3月13日付のSci Transl Med.誌に掲載されました)
copyright © 2024 Powered By FC2ブログ allrights reserved.